豊橋競輪場

Close Up! Top 地元選手のテータファイル レーサーインタビュー 応援メッセージ
レーサーインタビュー 豊橋競輪/closeup!地元選手
高橋智香 選手


高橋智香 選手
選手になったきっかけは?
高校の「自転車部」で活動していて、全国大会の「ケイリン種目」に出場し、競輪の魅力を知り、今後も競輪を続けていきたいと思いました。また高校(桜丘高校)の先輩、大谷杏奈選手(110期)はじめ数々のOB・OGの活躍も目指したきっかけになりました。
その後、「T-GUP(豊橋ガールズケイリン育成プロジェクト)4期生」
としてトレーニングさせていただきました。豊橋競輪場で練習していて、選手や競輪が身近に感じて、私も選手になりたいと思い試験を受けました。

競輪学校の思い出は?
集団生活や親元を離れるのは始めてでしたが、楽しめました。決められた時間生活の習慣が大変でした。
部活動よりハードな練習が今の基礎になったのかな?!

デビュー戦(松戸FⅡ 7月22日)の思い出は?
333バンクでしたので、400バンクとのそんなに違いが無いのかなと思ってましたが、周りの人からアドバイスを貰ったのですが、緊張しすぎてレースでは頭が真っ 白になってしまいました。
今後の課題が見つかるデビュー戦でした。

近況はいかがですか?
最近はレースに参加できていると実感しています。自分から仕掛けて動けているので、実践と練習の繰り返しで、実力を高めていきたいで す。

イメージトレーニングについて
レースVTRをみて、選手の戦法などの情報を覚えるトレーニングをしています。

目標とする選手像は?
師匠(島野浩司選手)と2017年ガールズGPの奥井迪選手が自分のレース(先行) ができていたので、自分もそんな競走が出きるようにしたいです。

ライバルなどはいますか?
選手全員がライバルです。

トレーニングについて
師匠(島野浩司選手)・加藤寛治選手がメニューを考えてくれて、練習をつけてくれてい ます。
今度は私が練習メニューを考えて、師匠と練習に励んでいきたいですね。

賞金の使い道は?
親孝行したり・あとは貯金 したりしてます。
自分のセールスポイントは?
何でもできる選手になれるように目指しているので今後も注目していただきたいです。

趣味や休みの日の過ごし方を教えてください。
休みは家族と一緒に料理をしたりします。

食生活は?
家族が気にしてくれ食事を準備してくれています。 休みは自分で作ったりもしています。
最近のお気に入りは牛乳寒天などですね!

将来の夢は?または今後の抱負は?
確定板に乗れる回数を増やして、お客様の声援や実況でも多く呼んで もらえるようにしたいです。
その結果が優勝だったら良いですね!
読者へのメッセージ
これからたくさん決勝戦に乗って活躍できるように頑張ります。
御声援の程、宜しくお願いいたします。


(取材日・2018年3月)

高橋智香

← 戻る